水草水槽を始めるための基礎知識

水上葉とは?

水草は水中葉と水上葉という二面性をもっています。
水草は水中で育つと考えている人が多いですが、水上でも育つ種類の水草が多く、そのような水草を水上葉と呼びます。
つまり、通常の植物と同じように鉢植えのような形で販売されているのです。

水上葉は購入してそのまま植えることで水中葉とすることができます。
植える前に葉をカットしてから植える人もいますが、どちらでもかまいません。
水中と水上では同じ種類の水草でも形や色が異なることがあり、水草の奥深さを際立たせています。

水上葉の最大のメリットは、植えた水に適した新芽が生えてくることです。
ですから、丈夫な水中葉となることが多いのです。

水上葉は水中に植え付けると一旦は枯れたように見える場合があります。
けれど、それが正常なのであわてる必要はありません。
枯れた葉を取り除けば、やがて丈夫な新芽が出てくるのです。
陸地で生息していたものを水中に移すのですから、環境に順応するには時間がかかるのです。

水草の分類

水草は形によって分類できます。
「有茎草」は茎に節があって、節ごとに葉をつける水草です。
この節から新芽を展開することができるので、育てる楽しさを味わえるでしょう。

水草の種類の中では最も数が多く、水草水槽にはかかせない水草です。
エンツァイ、オオトリゲモ、ガシャモク、キバナオモダカ、マルバオモダカ、キンギョモ、ミズタガラシ、ミズドクサ、ウメバチモなどは有茎草の仲間です。

「ロゼット状水草」は、ホウレンソウや小松菜のように、放射状に葉を展開する水草です。
アメリカウリカワ、レースプラント、ヒロハイヌノヒゲ、ミズバショウ、アポノゲトン・ロンイプルムロスス、アフリカバーレン、セキショウなどはロゼット状水草です。球根を持つ「球根系水草」もあります。

イヌノヒゲ、タイガーロータス、タイニムファなどは球根系水草です。
土中に根を張らずに葉や茎から栄養分を吸収するタイプの水草は「浮き草」と呼ばれます。

アマゾンフロッグピット、マツモなどが浮草です。
そのまま水に浮かべればいいだけなので簡単にレイアウトできます。
コケや根が流木や石に張り付くタイプを「活着系水草」といいます。アヌビアス、ウィローモスなどは活着系の代表です。

コケ・モスのタイプ

水槽や水草にへばりついてなかなかとれないコケやっかいものですが、流木や石、オブジェなどに活着させるアクアリウムに欠かせないコケ・モスもあります。
活着系水草には、コケ・モスが含まれます。
代表的なものはウィローモス、ウォーターフェザー、プレミアムモス、ヒメホウオウゴケなどです。
テグスなどで石や流木にしっかりと活着させます。成長したらトリミングして美しく整えます。