猫のおもちゃ選び

猫を飼い始めたら

猫との共同生活をはじめたら、先ずは猫と医師の疎通をはかる事が重要になってきます。
その際にぜひ利用して頂きたいのが猫用のおもちゃです。

猫のおもちゃをつかって猫をじゃらしている時は、愛猫家にとって至福の一時である事は間違いありません。
こちらが動かしているオモチャに向かって一生懸命になっている姿を見る事ができるだけでもかなりの癒しを与えてくれます。

特に猫は犬と違ってかなり飽きっぽく気分屋さんな所がありますので、こちらから抱っこしても、すぐに降りてしまったりなどコミュニケーションを上手に取るのが難しい生き物ですので猫のおもちゃを使った遊びはかなりおすすめです。
猫はビニール袋であったり、洗濯物が揺れて居たり、スカートのすそなど揺れている物が大好きです。
猫にとってはそれがおもちゃでも貴重品でも関係ありませんので日頃からおもちゃを使ってストレスを解消しておくと、洗濯物を傷つけたりする事も減ります。

猫のおもちゃを選ぼう

猫にとって喜ぶおもちゃを選ぼうと思ったら、まずはそのオモチャがどのように動くのかをしっかりと確認する事が重要になってきます。
猫が飛んだり跳ねたりしながら、おもちゃを獲物を見立てて追いかけますので、この動きがどれだけ猫が本来持ち合わせている本能に訴えかける物かによって猫の満足度が変わって来ます。
動き的には左右に素早く移動したり、突然飛び上がったりなど不規則に動く物が猫にとって満足度の高いおもちゃの傾向が強くなっております。

電池などで自動に動くものもありますが、比較的高価なアイテムとなっておりますし、猫にとっては高い安いは関係ありませんので、高いアイテムが猫にとって最良とも限りません。
無理をして購入しても猫が気に入らないで遊ばない可能性は十分にあります。
まずは比較的リーズナブルな物で、自分で動かして猫にじゃれてもらいおもちゃを選んでみてください。

猫にあったおもちゃを選ぶ

猫によって気に入るおもちゃは違ってきます。
若い年齢は小さくて動きが細かく早いおもちゃが人気ですが、大人になるにつれておもちゃへの興味が衰えていきます。
おもちゃが嫌いになるわけではありませんが、赤ちゃんのころよりも食い付きが悪くなったり、反応が衰えたりする場合がありますので、おもちゃとの相性を確認する必要があります。

また、猫を同時に二匹以上飼育しているような場合には、あまり大きいおもちゃだと小さい猫は上手に噛めない可能性がありますので、大きさの違う猫を飼われている方も多いと思います。
そんな時には小さい猫に合わせたサイズのおもちゃを購入するか、それぞれに適したサイズを購入する必要があります。