犬のしつけ

犬のしつけの重要性

犬を飼うと言う事はしつけをするのと同意語です。
よく街中をしつけをしていない犬が歩いているのをみかけますふぁ、あのような犬は周りに迷惑をかけていますし、飼い主の方が周りに迷惑をかけても問題ないと思っていると誤解されてしまいます。
また、しつけが出来ていない犬は、もしもの時に言う事を聞かないために怪我をしてしまったり、怪我をさせてしまったりなどのトラブルになってしまう事が容易に想像できます。

逆にしつけさえできていれば、そこまで気を使わずに色々な所に行く事ができますし、他の犬との挨拶をする事もでき友好関係も広がります。
特に引越した先などでは知り合いを作るのが難しいと思いますが、犬がきっかけで仲良くなるケースはとても多いのです。

トイレのしつけ

同居するにあたって最初に覚えてもらうのがトイレです。
トイレは家に来てくれたその日から始めます。
犬も好きな時にトイレができた方がストレスなく生活する事ができます。

基本的にはトイレシーツの上にトイレをさせるのですが、犬は自分の排泄物の臭いの付いている部分に重ねてトイレをする修正がありますので、おしっこの臭いの付いた物をトイレシーツに置くか、トイレシーツにおしっこの臭いを付けて待機します。
もしペットショップで購入したり、ブリーダーさんから直接譲り受けるような場合には、おしっこのついたトイレシーツを譲り受けてください。

トイレを探す仕草をしたらチャンスです。
素早くトイレの場所まで誘導してください。
他にもくるくる回ってお尻を突き出していたり、お尻を床にくっつけるようなしぐさをするような物を見せたらトイレの可能性が高くなります。

もしトイレが上手にできたらしっかりと褒めてあげてください。
褒められると嬉しくてしっかりと決められた場所でトイレをする事ができるようになります。

逆に失敗してしまった場合には、怒らずに無の反応で処理してください。
失敗した時に怒ってしまうと、失敗した事では無く、トイレはいけないことだと勘違いしてしまいますので要注意です。

食事のマナー

お出掛けするのであれば、トイレのマナーはしっかりと覚えるようにしてください。
お座りやマテができるようになれば、色々な所でトラブルなく食事を楽しむ事ができます。
他の犬の食事を横取りしたり、テーブルの上にある人間の食べ物まで手を出さないようにしつける事ができます。
食事のマナーが上手になると公園にいったり、一緒に旅行に行ったりなどができるようになります。

また、おすわりとマテは、色々な場面で使用できます。
興奮しているのを収めるのに使用したりもできます。
人がいっぱいいる所などでも有効ですのでぜひしつけてみてください。