猫の病気について

猫の病気も口の中に起きる?

猫の世話をする中で、病気にかかってしまうことはどうしてもあります。
しかし、猫の病気と言うだけでもその数は結構あります。
人間でも自分に降りかかる病気を全て把握しているかというとそうではありません。
そこで必要なのは、猫にかかりやすい病気が何かを知ることです。

まず、猫の病気で意外と知られていないのがこの歯周病でしょう。
口の中の病気は見逃されがちで、様子も外にでづらいので要注意です。
猫の寿命は短いですが、早口の中に異常ができると猫にとっては一大事です。
口内炎が激痛に感じると猫は言われていますが、そのくらい口の中は猫でもデリケートなのです。

歯周病は食事内容に大きく影響されます。
栄養バランスが悪くて、十分な栄養が身体に行きわたっていない時にも起こりやすくなります。
何よりも偏食によって猫の食事が歯周病にかかりやすくなることもあるのです。

猫のかかりやすい病気

猫はその個体の特徴とは関係なく、かかりやすい病気があります。
それは必ずしも、飼い主が何かし多と加、ケアが足りなかったとかだけではありません。
普通に生活させていてもかかってしまう病気だってあります。
もちろん、気をつけていれば防げる病気もあるなど、出来る限りかかり安病気は知っておくことが後々役に立ちます。

まずかかりやすい病気として、呼吸器感染症が挙げられます。
これが人間で言うと風邪のような症状が出るものです。
風邪を甘く見ている人も多いですが、人間でも生死にかかわる病気です。
重症化すれば致命的な病気を招くこともありますので、早めに病院へ行くことが望ましいです。

他に病気として、猫汎白血球減少症のように抵抗力が下がるものがあります。
子猫の場合は命の危険もある病気なので、生まれたばかりの生後間もない猫は特にこの病気の可能性を考慮しましょう。
そして、似た病名ですが、猫免疫不全ウイルス感染症があります。
いわゆる免疫不全のウイルスが感染するものです。

猫は目の症状に注意?

猫の中には目に症状があらわれることもあります。
これは目の機能が大事な部分で弱いから現れやすいとも言えます。
目は変化が顕著なので変化を見極めやすい部位だったりもしますから異常がすぐに出ます。

以下は目に症状が出た時に起こりやすいと言われているものです。
まずは猫クラミジア感染症です。いわゆる人間と共通して発症する感染症ですね。
そして、猫伝染性鼻気管炎が挙げられます。
これはくしゃみや鼻水などが症状としてあります。

最後に猫カリシウイルス感染症である可能性もあります。
いずれにしても細かい病名の判定は病院に任せて、とにかく猫に異常が見られないかを見ておきます。
そこで何かおかしいと感じたら病院へ連れて行きましょう。